実感したフィンペシアの効果(S.Nさんの体験談)

私がフィンペシアを試してみた感想を書いてみます。
フィンペシアは個人輸入で購入しました。
ドラッグストアで購入できれば一番楽なのですが、日本ではまだ承認されていないため、ドラッグストアでは購入することはできません。
個人輸入はまるで通販サイトのようですが、通販サイトではないので注文するのは自己責任ということになります。
最低でも6か月は連続服用しなければ効果が現れないというので、どんなことがあっても6か月は持続するつもりで購入しました。
忘れずに飲むのは大変でしたが、朝食べる食パンの横に置くようになってからは忘れることはなくなりました。
服用を始めて3か月は、とにかく続けようと耐え忍ぶ時期だったような気がします。
飲んでもまだ効果は現れないのですから、本当に効果があるのかどうか心のに葛藤を感じながらの服用です。
ストレスでも抜け毛が多くなるといいますから、体に良いサプリメントだくらいの緩い気持ちで服用を続けました。
これだけ頑張って飲んでいるのに、全然改善しないなんてことを思ってはいけません。

見た目は今までとまるで変わっていなくても、抜け毛はだんだん減っていたので、効果はあるのだと自分に信じ込ませていました。
自分で変化を感じられるようになったのは、4か月目からです。
4か月目から6か月目は、徐々に髪が増え始めました。
しかも太い髪なので、まわりの人にも髪が増えたと言われて、本人もその気になりもっと頑張ろうという気持ちが湧いてきます。
まわりが増えた増えたと言ってくれるので、頑張って服用しようという気になりますし、これまで服用して来て良かったと気持ちもラクになります。
その調子で、6か月から1年服用していたら、もしかしたら以前よりも髪が増えたんじゃないかというくらい髪がふさふさになりました。
頭頂部などつむじがわからないくらい薄毛になっていたのに、この頃になると鏡で見てもきれいなつむじが戻ってきて、普通の頭髪になれたのだと内心ガッツポーズでした。
髪の毛1本1本が太くて強いのでハリもコシもあり、ボリュームがアップしたと感じられます。
1年から3年は、安定して髪のボリュームがアップして行きました。
ただ、3年目になるとそれほど目立った変化はなくなり、一進一退という感じで、これがマックスなんだろうなと感じられました。
毛髪の量は増えませんが、抜け毛も増えていないので現状維持が続いています。
もし、フィンペシアを飲まなくなると、6か月程度で元に戻ってしまうそうです。

そんなことには絶対なりたくないので、今は毛髪の維持目的で服用を続けています。
維持はできているのだから、服用の休止期と継続期を交互に作るのもいいかもしれないと考え始めているところです。
ここまで感想を書いてみましたが、もし服用を始めて1年経っても効果を実感できない方は、フィンペシアが効かない方かもしれません。
稀に効かない方もいるようなので、その場合は他の方法も検討してみてください。

※この記事はS.N.さんの体験談メールを紹介したものです。

フィンペシアはいつ飲めばいい?

同級生で同じ薄毛仲間がいました。
同病相哀れむといいますが、たまに会うと飲みながら愚痴を言い合う仲です。
それが、最近、その友人の髪が以前より確実に増えているんです。
これまで、二人で同じように育毛剤を使い、マッサージにも通い、それでも効果がないと愚痴を言っていたのに、なぜ友人だけ髪が生えてきたのかまったく納得がいきません。
そこで、友人に、どうして髪が増えたのか聞いてみました。
そうしたら、フィンペシアを飲んでいるというではありませんか。
そんな良い薬があるのなら、なぜもっと早く教えてくれなかったのかと詰まったところ、最初は効果があるかどうか半信半疑だったので、教えることができなかったというのです。
しかも、そんなに以前とは変わったかと逆に聞かれてしまいました。
こちらは変わったから聞いているのに、本人はそんなに自覚していなかったようです。
うれしげにしている友人を見て、なんだか自分だけ置いて行かれたようで無性に腹が立ちました。
そこで、早速、ネットでフィンペシアのことを調べてみたのです。
調べてみると、プロペシアのジェネリックで、有効成分が同じだということがわかりました。
プロペシアは男性型脱毛症のAGAによく効くと聞いたことがあります。
クリニックのホームページで治療費用を見て、とてもこんなに支払えないと諦めたことがありました。
あのプロペシアと同じなら、それは効果がありそうです。
残念ながら日本では売っていないので、個人輸入をすることになります。
ネットで探せば個人輸入代行サービスはいくらもあるので、ここなら安心できそうだと思えるところで注文しました。
届いたフィンペシアの取扱説明書はまったく読めなかったのですが、個人輸入代行サービスの商品ページに飲み方がかかれていたのでその通りに飲みました。
1日1錠を水かぬるま湯で飲むというのはわかっていましたし、飲み始めたら毎日同じタイミングで飲むのも飲むのが良いというのもわかっています。
ただ、どの時間帯が良いのだろうかとかなり悩みました。
薬を飲むなら夕食後が良いと聞いたことがあるのですが、残業などがある場合同じ時間に飲むことができそうにありません。
それに、飲みに行ってしまったら、薬を飲むことなんて忘れてしまいそうです。
それなら昼間はどうかと思ったのですが、これまた忙しいとかなりの確率で飲むことを忘れそうです。
そこで、朝、起きてすぐに飲むことにしました。
それまでも、朝一杯の水を飲むという健康法を実践していたので、コップの横においておけば飲み忘れることはありません。
フィンペシアを飲み始めたら、最低でも6か月は継続するのが良いそうです。
6か月後には薄毛が改善することを信じて飲み続けていましたが、5か月目に早くも頭頂部の髪が増えてきたような気がします。
見えていた地肌の部分が、どんどん髪で覆われてきました。
これなら、6か月目には、薄毛仲間だったあの友人に自慢することができそうです。

初期脱毛にビックリ!

以前から薄毛が悩みだったのですが、クリニックに行くのはどうも苦手で、それにプロペシアという薬は高いと言うではありませんか、薄毛のためにそんなに大金を出すことはできません。
薄毛は治したいけれど金はない、そんなサラリーマンはハゲて行くしかないのでしょうか。
お金をかけずに薄毛を何とかできないかと、インターネットで情報を探していて、フィンペシアというプロペシアのジェネリックを見つけました。
しかも、プロペシアより売れているというではありませんか。
プロペシアと同じ有効成分を使っていて、プロペシアの数分の1から10分の1で購入できるのですから、それは売れないほうがおかしいでしょう。

ジェネリックなので大丈夫だろうかという不安もありましたが、レビューを読んでみるとみんなその効果に感激しているようで、これは試すしかないだろうという感じで購入してみました。
日本では売っていないので、手に入れるには個人輸入をすることになります。
個人輸入といっても、英語なんてからきしできない私が海外に直接注文できるわけがありません。
個人輸入代行業者が運営しているサイトがたくさんあるので、そのなかの1つから注文をしました。

ネットの世界では偽物が出回ることが多いと聞いたので、できるだけ大手で安心できる個人輸入代行業者を選んだので他よりはずっと安心でしょう。
1週間ほどして届いたので、早速フィンペシアを試してみました。
使い方はネットでちゃんとリサーチしていたので慣れたものです。
まとめ買いをすると安くなるということで3か月分買ったのですが、1か月ほどして異変が起こりました。

朝起きて枕を見たら、産毛みたいに細くてふわふわした毛が大量に抜けていたのです。

薄毛治療のためにフィンペシアを飲んでいたのに、こんなに大量脱毛があるなんて、これは偽物をつかまされたと青くなりました。
急いで対処法を調べてみたら、初期脱毛というものがあることを知りました。
30人から40人に1人の割合で起こるそうで、これはそれほど心配する必要がない症状だそうです。
薄毛に悩んでいるのに、脱毛症状が起きて大丈夫だと言われてもかなり不安でした。

しばらくその状態は続きましたが、とにかく信じて飲み続けていたら、2か月目でぴたりとその症状は治まりました。
どうもこの症状はヘアサイクルと関係があるようです。
成長期、退行期、休止期が巡っているわけですが、男性型脱毛症になるとこのヘアサイクルが短くになり髪が早く抜けるようになります。
髪が早くぬけるため、成長が追いつかずに薄毛になってしまうわけです。

生えてくるのが遅く、しかも細くて弱い毛が生えてくるため、髪が薄くなってしまうわけです。
それが、フィンペシアを飲むことでヘアサイクルが正常に戻りだし、それまでの細い毛に代わって太い毛が生えてくるようになります。
つまり、初期脱毛というのは、太い毛が生えてくる前触れだったわけです。
かなりビックリしましたが、その後順調に髪が増えてきたため、あそこでやめなくて良かったです。

フィンペシアとプロペシア

プロペシアといえば、男性型脱毛症AGAの治療に使われているよく効く育毛剤です。
このプロペシアが登場したことで、薄毛治療に革命が起こったなどといわれることもあります。
一方、フィンペシアは、このプロペシアのジェネリック医薬品です。
プロペシアの特許はまだ切れていないため、正式なジェネリックではありませんが、欧州を含めた170ヶ国以上で販売されています。
有効成分はプロペシアと同じフィナステリドで1mgが配合されています。
製造方法の違いや少量含まれている他成分のために、若干効き目には差がありますが、ほとんど同じくらいの効き目があると思って間違いありません。
AGA治療を行う時、プロペシアを選ぶかフィンペシアを選ぶか迷います。
どちらも有効成分は同じですが、クリニックなど医療機関で処方してもらえる安心感があるプロペシアか、それともコストパフォーマンスにすぐれているフィンペシアか、どちらもメリットがあって選ぶのは大変です。
やはり信頼できる医療機関で処方してもらいたいというのであればプロペシアを選べばよいでしょうし、長く服用することを考えればコストがかからないジェネリックで良いというのであれば、ジェネリックを選べばいいのではないでしょうか。
脱毛症は他の疾病と違って、薬を飲めばすぐに改善するというものではありません。
最低でも3か月は服用しなければなりませんし、満足な効果を実感したいのであれば1年から3年は服用する覚悟が必要です。
それだけ長期間服用するとすれば、1錠あたりのコストの差はかなりの違いとなってしまいます。
ある試算によれば、3年間でその差は30万円にもなるそうです。
30万円というのはかなりの金額です。
これだけの差があるのなら、ジェネリックで良いという方が増えたとしても当然でしょう。
そのため、一時期は日本で承認されているプロペシアより、未承認のジェネリックが売れていたという時期もあります。
安心感も重要ですが、世界170ヶ国以上で利用されていて、大きな問題になったことがないのですから、ジェネリックでも安心して使えることは確かです。
それに、フィンペシアを製造しているのは、インドの第二の製薬メーカーのシプラ社です。
インドの巨大製薬メーカーが、粗悪品を作るとは考えられません。
手に入れるには、個人輸入する必要がありますが、個人輸入代行業者というものがあるため、それほど手間取ることなく個人輸入をすることができます。
もし、やはりプロペシアのほうが良いのだけど、もっと安く買えないかという場合は、同じく個人輸入で海外製のプロペシアを取り寄せるとう方法もあります。
同じプロペシアなのですが、製造された国によって値段が違うのです。
海外製のプロペシアを使うと、3年間で7万円から10万円の節約になります。
ですが、さらに節約したいというのであれば、やはりジェネリックを利用したほうが良いのではないでしょうか。
同じ個人輸入なのですから手間は同じです。

フィンペシアを飲む際の注意点

私には結婚して30年目になる家内と娘と一緒に生活しており、今も仲良く生活しています。
また、家族みんなが同じ好みということもあって食べる料理の好みもほとんど同じであり、いつも一緒に過ごしていることが多いです。
そして驚くことに同じタイミングで家内と私が薄毛になってしまい、お互いに「髪が薄くなったね」と言って笑い合ってる毎日でした。
ただお互いにやはり薄毛を改善したかったみたいで、私は個人輸入代行業者でジェネリック医薬品のフィンペシアを使って発毛に取り組み、家内は女性用育毛剤を使って薄毛改善に取り組むことにしました。

おかげさまでお互いに同じタイミングで薄毛を改善することが出来ましたが、一つ気になるところが、何故女性である家内がフィンペシアを使わなかったかです。
その理由としては医薬品に含まれているフィナステリドは女性が飲むことや触れることすら禁止されているからです。
特に妊娠中の女性の方が医薬品に触れるのは禁止されており、もし触れたり体内に取り込んでしまえば女性の体に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。
このようにフィナステリドが含まれているフィンペシアは女性が使用してはいけませんし、男性のみが使うことが許されている医薬品なのです。
もし薄毛の女性の方が育毛に取り組むのであれば、女性用の育毛剤を使って育毛に専念するようにしましょう。

そしてフィンペシアには様々な副作用が出るといわれており、特に言われていることが性機能の減退です。
医薬品を使用すると男性機能が低下して下半身の元気がなくなってしまうという事がよく言われています。
ただ、性機能というものは男性ホルモンが減少することによって男性機能が著しく低くなるものであり、フィナステリドを体内に取り込んでも男性ホルモンに直接影響を与えることはないとされているのでそれほど心配する必要はないと思います。

私もフィナステリドを飲む前と今を比べてみたら性機能が減退したと感じたことはありませんし、年相応の元気は今でもあると思っています。
そしてフィンペシアを飲むのならミノキシジルタブレットと一緒に飲めば更に効果を実感することが出来るでしょう。
しかしミノキシジルタブレットは副作用の強い薬と言われており、副作用としては動悸や体毛が濃くなることがあげられます。
私はフィナステリドのほかにミノキシジルタブレットも飲んでいましたが、朝起きた時は動悸を感じるようになりました。

もし自分に合わないのならミノキシジルタブレットの服用は中止したほうが良いかもしれませんね。
このようにAGA治療薬には様々な副作用があることが分かりますが、薄毛を改善する薬としては非常に優れた医薬品であることを身をもって実感することが出来ました。
月々にかかるAGA治療費はほとんどかかりませんし、経済的な負担無しに薬を買い続けることが可能でしょう。
もしAGA治療薬を使用して発毛に取り組むのなら、使用方法に従って正しく飲むようにしてください。

フィンペシアの通販(体験談)

私の見た目は10代の頃から少し幼いので実年齢より若く見られることが多々あったのですが、30代に突入してからすっかり髪の毛の量が減ってしまい、老けた印象に見られるようになりました。
キャップ帽子をかぶってヘアスタイルを隠していると昔のように若く見られるのですが、帽子をとれば老けた見た目に見られてしまうのです。
この時に「これではまずい」と思った私はフィンペシアという薬を飲むことによって、徐々にではありますが無くなった髪の毛を蘇らせることが出来ました。
この薬に出会えたことは非常に幸せなことですし、まさか髪が生えてくるとは思ってもいなかったのです。
私は男性型脱毛症によって薄毛になったと自分なりに突き止めてみたのですが、その男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアはかなり値段が高額です。
値段が高額であると服用し続けるのが困難であり、私はプロペシアを使うことなく当時は薄毛を改善することが出来ないままでいました。
そんな時に友人の家にお邪魔してみると、棚のところに「フィンペシア」と書かれた箱のようなものを発見しました。


※これがフィンペシアの錠剤の画像です(他サイトよりお借りしています、元サイトは下記に手ご紹介しています)

どうやらその友人も今までに薄毛で悩んでいたらしく、このフィンペシアの医薬品を使って薄毛治療に専念しているそうです。
そして驚いたのがその医薬品の価格であり、プロペシアの半値以下で購入できることが分かりました。
この医薬品はプロペシアのジェネリックであり、個人輸入代行業者のホームページを見てみるとプロペシアと同じ成分が使われて製造されていることが分かりました。
プロペシアの販売価格は30錠分で8000円程度であり、それに比べてジェネリック医薬品のフィンペシアは100錠で5000円程度なのでどれだけリーズナブルな価格であるかが分かるでしょう。

私はこの格安な値段で購入できるジェネリック医薬品に興味を持ち、個人輸入代行サービスからジェネリック医薬品を買おうと決めました。
そのジェネリック医薬品を購入したのが今から丁度一年前のことだったのですが、それからコツコツと治療薬を飲み続けたことによってだいぶ髪のボリュームがアップしました。
事前に薄毛の時の写真を撮っておいたのですが、その写真と今の髪を比較してみると明らかに髪が増えたことが分かります。
また周りの友人にも髪について指摘されるようになり、確実な発毛効果があると感じました。
ちなみにAGA治療薬は飲めばすぐに発毛を実感できるわけではないので、長期的に服用し続ける必要があります。

私はジェネリック医薬品を飲み始めて最初の1ヶ月は何も効果を実感することが出来なかったのですが、薬を飲み続けて2ヶ月経った頃には抜け毛の量が減っていき、それから半年経ったときには髪が少しずつ発毛しているのが分かりました。

現在でもフィンペシアを使ってAGA治療に励んでおり、更なる発毛効果を期待して使い続けようと思います。
最後に私はこのジェネリック医薬品に出会えて心の底から良かったと思っています。

※画像の転載元・・・フィンペシアの通販や効果(副作用)
こちらのサイトより画像を1つおかりしました。ありがとうございます。

明らかに若返りました

私が薄毛に悩んだのはちょうど6年前のことです。
頭頂部なんてスカスカでしたから、なんでこんなになるまで自分で気がつかなかったんだろうと気がついた時に思いました。
ボリュームがなくなったなあとは思っていたんですが、まさかここまでスカスカになっているとは思ってなかったんです。
気がつけば、頭頂部だけでなく側頭部の方もスカスカしているような気がして、もうこのままハゲ一直線かと心配しました。
その時は、本気で発毛クリニックとか育毛ドッグに行こうかと思ったんですが、自分にそんなお金はなく、このままハゲていくのを指をくわえて見ているしかないのかと、正直気持ちまで暗くなりました。
クリニックなどに頼らず、なんとか自分で育毛することはできないかと、ネットで情報を探していて見つけたのが個人輸入代行サイトです。
個人輸入というのは、法律で認められている行為で、自分で利用するのなら日本で承認されていない未承認薬でも輸入してもいいというものです。
個人輸入代行サービスは、個人輸入したい個人に代わって、個人輸入に関連するすべてを代行してくれるというサービスです。
見た目は通販サイトそのものですが、あくまで個人輸入を代行してくれるサイトなのでお間違えなく。
この個人輸入代行サイトで見つけたのがフィンペシアでした。
これは、日本の発毛クリニックなどで処方してもらえるAGA治療薬で、世界中でもっとも効果があると言われているプロペシアのジェネリック医薬品になります。
製造元はインドのシプラ社というところで、インド第二の製薬メーカーです。
シプラ社では多くのジェネリック医薬品を製造していて、欧米を含む170ヶ国以上にジェネリック医薬品を輸出しています。
私が見つけた個人輸入代行業者は、このシプラ社と提携しているそうで、どこよりもフィンペシアが安く、小遣いの少ない私には救世主に思えました。
それまでいくつかの育毛剤を使ってきましたが、フィンペシアを使ってみて感動しました。
ここまで効果のある育毛剤をこれまで使ったことがありません。
使い始めてから5か月後には、スカスカだった頭頂部の髪が密になってきて、ボリュームも出てきました。
試しに自分で頭頂部の写真を撮ってみたのですが、明らかに頭頂部の髪の量が増えています。
それが意外と自分でも感動的だったので、それから写真を撮って記録を残してみようと思い立ちました。
使い始めてから3年後、頭頂部を写してみると、まるで学生の頃のようなふさふさ具合で、スカスカの頭頂部に途方に暮れていた頃と比べてまるで別人のようです。
3年続けた後は、一進一退を繰り返しましたが、6年後の自分の髪はフサフサ感を維持できています。
プロペシアよりずっと安価なフィンペシアで、ここまで効果が出るとは初めは考えもしませんでした。
ですが、信じて使い続けたおかげで、こんなにふさふさの髪になって、これならどこに出ても恥ずかしい思いをせずに済みます。

育毛剤を使い続けた果てに

現在、フィンペシアを使い続けています。
育毛効果抜群で、これまで使っていた育毛剤はなんだったのだろうと思うくらいです。
頭髪の状態を気になり始めたのは、ちょうど26歳の誕生日の頃でした。
誕生日はシュッとしたカッコウで迎えようと理容院に行ったところ、どうもいつもと感じが違う気がします。
理容院から帰って良くよく頭頂部を見ると、どうも以前より地肌が目立っている気がしました。
そういえば、うちの家系は父方の男性はすべてハゲです。

それまでまったく考えていなかったのですが、私もハゲるのではないかと急に不安になりました。
そこで、テレビCMなどで見かけた育毛剤を使ってみたのですが、まったくというほど効果がありません。
そこで、もっと効果のある育毛剤があるはずだと、人気だという育毛剤を片っ端から試してみました。
ですが、どれを試しても思ったような育毛効果がないばかりか、以前より薄毛が進行しているような気がするではありませんか。
そんな時にふと目が留まったのが、AGAのCMです。

これはお医者さんに相談するしかないと考え、そのCMのホームページで近くの病院を検索して診察を受けることにしました。
さいわい、それほど遠くないところに病院があり、車を飛ばせば40分ほどで着きます。
診察を受けたところ、やはりAGAだということでプロペシアを処方されました。

これで安心だと思ったのも束の間、支払いをする段になって驚きました。
思った以上に費用がかかったのです。
明細を見ると、プロペシアが高いの原因だということがわかりました。
プロペシアを使ってみて、これまで使ってきた育毛剤はなんだったのかと思うほどで、あれほど頑張っても進行していた薄毛の進行が止まり、抜け毛も劇的に減りました。
ただ、気がかりはプロペシアの値段です。
とてもじゃありませんが、安月給の私に買い続けられる値段ではありません。
車が趣味で新車を買うために貯金をしていたのに、これでは貯金をする余裕はまったくありません。

そこで、人気だったフィンペシアを注文することにしたのです。
正直、ジェネリック医薬品だと効き目はどうなのだろうと思っていましたが、効き目のほどは最初に書いた通りです。
現在、服用を始めてから5か月ですが、こんなに効き目があるとは思いませんでした。

これなら、プロペシアでなくても十分OKです。
それに、フィンペシアが月約1000円、ミノキシジルが月約1500円で、両方で約2500円しかかかっていません。
これが、現在私が使っている育毛費用の総額です。
これなら、余裕で貯金もできるようになりました。
フィンペシアを使い始めてから、これまで使ってきた育毛剤は子供だましのものでしかなかったとつくづく思います。
なかには何千円もする育毛剤もあったのに、ずいぶんムダなことをしてしまったと後悔しています。
今、薄毛に悩んでいる方はぜひ使ってみてください。
きっとその効果に感激してしまうことでしょう。

フィンペシアで毎月700円のAGA対策

薄毛になる年齢は人それぞれでしょう。
しかし、高齢になってからならば年齢のせいだと諦めもつきますが、20代から40代の間にAGAの症状があらわれてしまうと、絶望的な気分になってしまうこともあるかと思います。
実は私も30代の前半から症状が出始めました。
この間、サプリメントや育毛剤をいくつか試しましたが、気休め程度の効果しか得られませんでした。
それもそのはずで、AGAは体の内側から体質を変えなければ、効果が限定されてしまうのです。
そこで私が注目したのがフィナステリドです。
この成分の効果としては、まず男性ホルモンがいわゆる脱毛ホルモンになってしまうのを抑制することにあります。
つまり、AGAの進行を止めて抜け毛が減り、継続して服用することで発毛効果も期待できるということです。
そしてこのフィナステリドを有効成分にしているAGA治療薬がフィンペシアです。
経口タイプという気軽さもあって、最近になって使い始めました。
フィンペシアはプロペシアというAGA治療薬のジェネリック医薬品なのですが、有効成分は全く同じフィナステリドで効果はほとんど変わらないと思います。
日本ではまだジェネリック医薬品が広く流通していないことから抵抗を感じる方もいるようですが、海外では当たり前のように使用されています。
また、プロペシアはアメリカの製薬メーカーによって開発されたもので、後発品のフィンペシアはインドの製薬メーカーの製品になるのですが、インドは医療関係機関が大変優れている国なので特に問題はないでしょう。
もちろん、フィンペシアはジェネリック医薬品なので、プロペシアよりも安く6分の1~5分の1程度の値段で購入できるというのが最大のメリットです。
実は有効成分のフィナステリドは効果が出るまでに少し時間が掛かります。
最低でも半年は必要で、できれば3年は使い続けるのが理想だと言われているのです。
ですから、お金に余裕がある人でなければ、ジェネリック医薬品を使った方がメリットがあるというわけです。
さらに、最近になって、キノリンイエローフリー新タイプのフィンペシアが発売されました。
これまではキノリンイエローというコーティング剤が、体に何らかの影響があると思われていました。
実際には心配する必要のない程度の問題だったのですが、長く飲み続ける必要があることもあって神経質になっていた方が多かったのも事実です。
しかし新タイプが登場したことによって、何の心配もなく薬を服用できるようになったと思います。
ちなみに私は海外医薬品の輸入代行サイトで、キノリンイエローフリー新タイプの100錠入りを3箱まとめ買いしています。
先日購入した値段は7000円ほどで1箱あたり2333円です。
1日1錠の服用でいいので、これで10ヶ月分くらいになりますからから、1ヶ月あたりたったの700円です。
毎月700円のAGA対策というのは、経済的にも気楽です。

フィンペシアの個人輸入

AGAを劇的に改善してくれると人気なのがフィンペシアです。
新薬であるプロペシアを差し置いてこれほど人気なのは、プロペシアよりかなり安くコストパフォーマンスに優れているからです。
私も最初はプロペシアが良いと思ったのですが、クリニックに3度通った頃、これでは小遣いがいくらあっても足りないと悟りました。
プロペシアだけでなく、ミノキシジルなど他の育毛に良いものも試してみたいのに、こんなに高いと他のものを試す余裕など全くありません。
それで、良い解決方法はないかとネットで検索したら、フィンペシアを見つけたというわけです。
日本では販売されていないジェネリック医薬品なので、手に入れるためには個人輸入をしなければなりません。
個人輸入といっても、自分で海外の製薬メーカーと交渉するわけではなく、個人輸入代行業者を利用すればいいのです。

ネットで検索すれば、個人輸入代行サイトをいくつも見つけることができます。
実は、私がフィンペシアを知ったのは、個人輸入代行サイトの1つでした。
ただ、キノリンイエローの問題を知って不安になりましたが、同じページにキノリンイエローフリーもあったため、こちらのタイプを注文することにしました。
個人輸入だと、処方せんが必要ないのでラクです。
しかも、手数料や配送料も必要ないというのは良心的です。

初めての個人輸入は不安もありましたが、これだけ安ければもし失敗したとしても諦めがつきます。
海外から発送されるため、注文してから手元に届くまで10日ほどかかりました。
配送が完了すると荷物追跡番号をメールで知らせてくれるので、かなり不安を軽減することができました。
問題は、自宅で荷物を受取る時です。
自分で受取れればいいのですが、留守の時は家族が受け取ることになります。
何を買ったのかわかると家族でもかなり恥ずかしいです。
できれば自分で受取りたいと思っていたのですが、折悪しく不在の時に届いたため、荷物を受取ったのは母でした。
ですが、中身が分からないように梱包されていました。
また伝票には商品名が書かれていなかったため、きっと母は何がきたのか全く分からなかったでしょう。
こういうところに個人輸入代行業者の心遣いを感じます。

郵便局留めも利用できるそうですから、今度個人輸入代行業者を利用する時は、郵便局留めにしてもらおうと思います。
これだけ中身がわからないのであれば、家族に受取ってもらうより郵便局留めにしたほうが気楽です。
肝心のフィンペシアですが、効果はプロペシアとほとんど変わりませんでした。
それで価格はプロペシアの数分の1なのですから、人気になるのも納得です。

これなら誰だってこちらを選ぶでしょう。
プロペシアを処方されてから4か月、フィンペシアを使い始めてからは1か月経ちますが、透けて見えていた頭頂部の毛がずいぶん多くなった気がします。
この調子で、元のふさふさの頭髪に戻していきたいと思います。